TOP > 河内長野、再生中。 > 「滝畑ダム・地酒熟成プロジェクト」進行中!

河内長野、再生中。

「滝畑ダム・地酒熟成プロジェクト」進行中!

これまで、西野修平は「公」の資産を「民」に開放して、地域のさらなる活性化を図ることを求めてきました。
そこで、河内長野市の滝畑ダムの湖底やリムトンネル(作業用トンネル)が低温で一定していることから、地酒の熟成に適しているのでは?と考え、昨年9月府議会において、それらの施設を利用した新たな特産品開発について提案し、大阪府が実証実験を行うことになっていました。

その後、関係者によりプロジェクトが立ち上がり、昨冬から半年間、「天野酒」を熟成させていましたが、本日、検証報告会と試飲会が開催されました。味は実にまろやかで飲みやすく、「神秘性」という付加価値がある地酒に。
今後、一般販売に向け、さらにプロジェクトを進めていく予定です。ちなみに、銘柄は「滝畑」を文字って「多喜畑」なんてどうでしょうか?

▲湖底で“寝かせた”天野酒を引き上げる様子

▲湖底で“寝かせた”天野酒を引き上げる様子

▲リムトンネル内

▲リムトンネル内

▲検証報告会の様子

▲検証報告会の様子

▲試飲会の様子

▲試飲会の様子

▲湖底で“寝かされた”純米酒

▲湖底で“寝かせた”純米酒

▲リムトンネル内で“寝かされた”吟醸酒

▲リムトンネル内で“寝かせた”吟醸酒