TOP > 修平の独り言 > 「新型コロナ警戒信号」を「天野酒」でも!

修平の独り言

「新型コロナ警戒信号」を「天野酒」でも!

令和2年5月10日(日)


通天閣と太陽の塔だけちゃうで!

吉村知事が定めた休業・外出自粛要請の段階的な解除に向けた独自基準「大阪モデル」の運用が5月8日からスタート。
その到達度を「見える化」し、府民とリスクを共有するため、大阪府ホームページのトップページでも公表しています。そして、通天閣や太陽の塔を緑・黄・赤色でライトアップすることになった。

でも、ネットをしない方は?通天閣や太陽の塔を見れない人はどうすればいい?
そうや!河内長野らしいランドマークの一つ「天野酒」前の酒蔵通りと白壁をライトアップしよう!と考え、蔵元の西條さんにお願いしたら快くお引き受けいただく。府内の民間事業者では初めて!?
そして、酒蔵前の道路が市道ということで、島田市長にも依頼して、すぐに実行しよう!ということに。また、島田市長からは河内長野市役所やキックス、奥河内くろまろの郷など、市内の公共施設でも3色表示を行うことを検討するとのことです。

皆さん!緑色をめざして頑張りましょう!!

 

-「大阪モデル」の3指標-

1)感染経路不明者数 → 10人未満(直近7日間の平均)

2)PCR検査の要請率 → 7%未満(直近7日間の平均)

3)重症者用の病床使用率 → 60%未満

緑色)→ 3つの基準とも7日間連続達成

黄色)→ 3つの基準とも1~7日間達成

赤色)→ 3つの基準のうち一つでも未達成

※緑色になると、休業・外出自粛要請を解除。

 

▲ライトアップされた「天野酒」前の酒蔵通りと白壁

▲ライトアップされた酒蔵通りと白壁

▲「天野酒」蔵元の西條陽三氏と島田智明市長と

▲「天野酒」蔵元の西條陽三氏と島田智明市長と

▲黄色表示フィルム

▲黄色表示フィルム

▲緑色表示フィルム

▲緑色表示フィルム

▲赤色表示フィルム

▲赤色表示フィルム