TOP > マスコミファイル > 河内長野市が休業要請外の事業者へも支援金

マスコミファイル

河内長野市が休業要請外の事業者へも支援金

令和2年4月23日(木)

「新型コロナの影響で苦しむ事業者をもっと救おう!」
河内長野市の島田智明市長らと協議を行ったうえで、市内事業者へのさらなる支援策を求め、合意した。

河内長野市と市議会がこんなにも決断が早いとは、、
島田市長の英断に感謝したい。
また、河内長野市議会の峯満寿人議長、浦山宣之副議長はじめ市議会も素早い対応。記者会見では市長はじめ市役所職員の熱い気持ちが伝わってきた。

大阪府の支援金は休業要請された業種に限られている。金額は中小企業に100万円、個人事業主(フリーランス含む)に50万円だ。そして、そのうち半分は市町村負担することとなっている。
河内長野市はその半分を負担したうえで、さらに休業要請された業種以外にも支援の対象範囲を拡大する。金額は中小企業に25万円、個人事業主(フリーランス含む)に10万円。

府内初、というより全国の自治体初の支援でもあり、是非、吉村知事にも追従してくれることに期待したい。

なお、関連記事が4月22日・23日付の新聞各紙に掲載されました。

▲読売新聞(地域面)

▲読売新聞朝刊(地域面)

▲朝日新聞朝刊(地域面)

▲朝日新聞朝刊(地域面)

▲産経新聞朝刊(社会面)

▲産経新聞朝刊(社会面)