TOP > 修平の独り言 > 第6回 日台交流サミット in 加賀

修平の独り言

第6回 日台交流サミット in 加賀

令和2年10月26日(月)


本日、石川県加賀市に全国の日華親善議員連盟に所属する議員が集結し、「日台交流サミット」が開催され、私も大阪府議会日華親善議員連盟の役員として参加。

今春から新型コロナウイルスが全世界で蔓延する中、ITの活用などにより感染拡大を見事に制圧した台湾。そんな保健衛生先進国でありながら、WHO(世界保健機関)への参加が認められていない。
また、CPTPP(環太平洋パートナーシップに関する包括的・先進的協定)への参加国の拡大交渉においても、台湾の参加を日本は支持すべきだ。

戦後の歴史的背景から台湾は国連への加盟が認められておらず、日本と台湾には正式な「国交」がないことをご存知でない方も少なくないだろう。。
中国との経済的連携は今後も極めて重要であることに違いないが、一方で、台湾との連携強化は日本の安全保障を考える上で、最も重要な国の一つであることも違いはない。

地方議員としてできることは限定的ですが、最大限の力を尽くしていきたい。そう、心に誓う一日に。

▲金美麗氏と

▲基調講演の講師を務められた金美齢氏と

▲サミット会場にて

▲サミット会場にて

金美齢氏の演題は「日台ゴールデンエイジを迎えて」

▲演題は「日台ゴールデンエイジを迎えて」

▲台湾の蔡英文総統からの祝文メッセージ

▲蔡英文総統からの祝文