TOP > 修平の独り言 > 映画『バウムクーヘン』が河内長野でクランクイン!

修平の独り言

映画『バウムクーヘン』が河内長野でクランクイン!

令和3年2月20(土)

奥河内ムービー・プロジェクトは映画『鬼ガール!!』の全国公開後、映画のみやらず、あらゆる映像誘致や制作補助を行う「奥河内フィルムコミッション」機能を果たし、地域活性化に寄与したいと考えています。
その第1弾が映画『バウムクーヘン』の撮影で、本日、クランクインしました!

物語は同映画のプロデューサーを務め、河内長野市出身でもある尾花ミキオ氏の波瀾万丈の半生を描いたもので、「奥河内 映画祭 2018」で瀧川元気監督作品にも出演された俳優の徳城慶太さんが主演を務められます。メガホンを取るのは田中健嗣監督。
撮影は3月下旬まで行われ、2021年中の全国公開を予定しています。
これからも、「映都」河内長野の実現をめざしてまいります!

映画『バウムクーヘン』公式サイト

▲主演の德城慶太さんと

▲主演の德城慶太さんと

▲『バウムクーヘン』の校式ビジュアル

▲『バウムクーヘン』の校式ビジュアル

▲撮影の様子

▲撮影の様子

▲撮影の様子

▲撮影の様子

▲撮影の様子

▲撮影の様子

▲撮影の様子

▲撮影の様子

▲『奥河内ムービー・プロジェクト』の皆さんも撮影協力

▲奥河内ムービー・プロジェクトによる撮影協力